スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | -
Roots26ドラマCD vol.5まで聴いて
続・全体的にネガい。

キャラ的な感想
◎vol.5まで聞いた結果、ユーズが得体の知れないキャラとなってしまった。
 ・コテコテ関西弁キャラ
 ・セムと天土とは良いトリオ
 ・梅桐家所属の忍の頭、仕事っぷりは真面目。能力高そうな頭脳派。
 ・忍ムーブ中も格好良いかと思いきや、津軽とナイアを引き合わせるという打算的な所もあり(vol.5)
 ・しかし少年時代の後悔を引き摺っている(画集2)設定。
 ・心のある忍って感じですね。ごり氏の事だし深く考えちゃいけなさそう(戒め。
  セムは妹を大事にしてるキャラだから判りやすいキャラだとは思ってるんだけど…しかし氏の事だから略。
 ・エリカとナイアから片想いされている自覚がありそう。
  エリカは過去に仕事で影ながら護衛をして、ナイアは後悔している過去と絡むキャラ。
  ユーズも主役級の設定を持つキャラなんだよなあ…。
◎エリカの株が爆上がり。
 お姉さんキャラが可愛いし、始終彼女を主人公にして欲しかった。
◎紗矢が不憫かわいい。
 幸せにしてあげたいキャラNo.1。彼女が行ってきた所業を悔いて、報われる日があってほしい。
◎若者声の成田ボイス最高でした(孔雀。
◎津軽のキャラがコレジャナイ感。
 氏の好きな要素を上乗せしまくった結果、食い合わせが悪くなってる感じ。
 生徒会長として周囲のやっかみを払拭できる程に優秀な能力あり、ダルマに対して素直になれないツンデレ要素あり、昼間のストレスを夜隠れて発散している二面性あり…。
 こう、よくある設定なのに…どうしてああいうキャラになった………説明するのが難しい…。
 始終キャピキャピしてる印象じゃ無いんだよな〜〜〜まあ1〜5まで聞いた結果「そういうもんだ」となったけど。
◎ダルマに関して
 津軽の不幸後に心を閉ざしたダルマについて、あの振る舞いにする必要があるんですかねえ…?
 ダルマの努力が報われるか謎のまま、心配する仲間も報われないままで聞いてるこっちの気分が悪いわ。


物語に関して
◎現代編でツガルが意識不明になる話の入れ方が最高に意味不明だと思いました!!!!
 せめて現代編の一番最後に入れようよ!!!vol.3で突然のクライマックスには唖然としたし、vol.5のギャグ話が孔雀の過去語り(Roots26からセムが去っている事が分かる上、心を閉ざしたダルマに呼びかける形式)になっててギャグに振り切れてないのも気持ち悪いし…。
◎アルファルシア、RPGで出してください。
 話自体は面白いと思う。だけどvol.5での内容が続きありきで正直どうかと…。
 あとツガルは現代編の記憶があった方が美味しいと思いました。まあこれは最近のなろう的になっちゃうけど。


ドラマCDに関して
◎お金を払った人に対して、物語に責任を持たなすぎだと思う。
 続編を出すアテもないのに未完のまま。不満が出るのも必然でしょ…。
 これはコナミの企画力に疑問を抱かざるを得ない。声優さんも大変だなって思いながら聞いてました。
◎声が付いたのはとても良かったと思います。後付け設定拒否勢だった私でも受け入れられたし。



文句ばっか言ってて申し訳ない気もするけど、一番ダメなのはストーリー未完に尽きる。
氏の設定の出し方もいただけないし…主にツイッター上での出し方がね…。
しかしデラっていうゲームは大好きだし、氏の絵も大好きだし考える設定も好きだし、特に天土とユーズとセムの関係性は最高に好きだし、画集2のお陰でデラ20で失せていたプレイ欲も復活したし。

この複雑な感情をどうしてくれよう…
| 00:36 | ゲームいろいろ | comments(0) | -
Roots26のvol.4のtr.1まで聞いたよ
※ネガいツッコミだらけ


鬱展開の前に、物語の見せ方がめちゃくちゃで笑うしかない。なんで重要なシーンをひとつの流れで見せなかったの…?
いきなり数年後を挟まれてダルマが病み極まってるしで失笑モノ。
当時リアタイで聞いてた人はどういう感想を抱いたんだろう…好評だったのだろうか。

vol.3まで聞いて、女性陣と男性陣の扱われ方の違いが氏の描く絵と同じなんだと納得しましたね。
ええもう、女キャラが男キャラに暴力をふるって脅したり言う事を聞かせたり強制したりと、あんまり楽しくないな〜、と。なお女キャラ同士でも嫌がっているところを頭ごなしに支配しようとするのは好きじゃなかった。例えば緋浮美から彩葉、天土から緋浮美とかね!愛情の裏返しだとしても!!やりすぎ!!!!

そして神崎家は教育方針から何から何まで悪手ばかりでヤバくない???
18歳になるまで裏の事を教えない理由があるのかな???(ありそう)
紗矢は父親がなぜそこまで自分の行動を諌めるのかを考えないのですかね?
士朗父も紗矢の再教育をするならもっと早くにやりなよ!!
士朗についてはセリカとかに紗矢と父親による危険を避けようとしてるんだろうけど、話しておけばツガルの悲劇にはならなかったのでは????
エレキおいてけぼりかわいそう!!!!!
なお紗矢はかなり好きなキャラの部類に入ります。vol.3ラストでは正気に戻ってた?彼女の中に渦巻く感情を想像するのが楽しい。

あとダルマ!いいのかダルマをそんなキャラにして?!今後シリーズのメインキャラを張ったとしてもテンション下がらない????
数年後では二十六家の事情を知ってたり、梅桐の陰陽師としての顔も知っているみたいだから、紗矢から士朗の行った事について説明を受ければ納得したんじゃないかなと思うんだけど…。完全に士朗を拒否ってるから無理なのか?モヤモヤしかない。

ツガルと士朗がいなくなった世界線は行き詰まりと思われるし、vol.5ラストページでアルファシア世界が現代に繋がるようだし、士朗はツガルよりもっと先に飛ばされたらしいし、こりゃマジで悲劇が起きる直前で二人が戻ってきてハッピーエンドになる可能性があるな!!!!!(ヤケクソ)


ポジティブな感想としては、ユーズがモテモテなのが最高でしたね!!!
ただ、セリカは何が良くて惚れたんだろ…。幼少期にユーズが忍として会った以外の何かあったのかな。あとで探そう。
ナイアの妹探しでのユーズが男前すぎましたねえ…なんだあれ…惚れるだろ!!!
ただ、ユーズ視点としては「ナイアに対しては罪悪感」「セリカに対しては身分違い」だったりしてピュアラブな状況にはなりにくそう。…いや、氏ならしちゃうかもしれないけど。
ナイアからユーズへの矢印が恋心ではなくなっていたけど、画集2では恋心に戻っていて安心した。
ユーズとセムについてはvol.3あたりから忍設定を意識しながら聞くと楽しかった。



roots26でサーカディアのようなゲーム作って欲しい。
個人の思いつき、かつ後付け設定満載の内容をどうしてドラマCDまで持っていく判断をしたのか謎。
もっとキャラや物語作りのプロが入ってADV作ってくれたら良かったのに…
……なんてね!!!!

えふごの種火周回しながら書いてるから内容とっちらかってる感ある。
メモまでに。
| 21:39 | ゲームいろいろ | comments(0) | -
デラRoots26ドラマCDvol.1とvol.2の雑感
ルーツ26ドラマCD1と2の雑感
・ツガルがアホの子すぎてつらい。かなりアクティブ、ダルマ相手にガツガツいってる。
・ダルマは各属性過多すぎてちぐはぐ感ぱねぇ。ツガルが絡まなければエロガキなピュアっ子というのは理解した。ツガル愛してる発言はシリアス展開への布石かな〜と思いながら苦笑い。
・声付きエリカめちゃくちゃ好きです可愛い。この子がメインで話が進めば良いのに…。
・セリカもアホの子だけどこっちは自然なアホの子。かわいい。
・まさかのエレキがツッコミ役で常識人枠。癒し。かわいい。
・士朗、ノリがやや悪く口調が荒いのが本当に意外。天然っぽい要素があって安心した。
・リリスに能登ボイスは合いすぎた。ただ口調があざとい。〜です、の言い回しには笑った。
・イロハ元気ドジッ子でかわいい。妹属性キャラの中では一番好き。
・ヒフミ良い感じのお姉さんじゃん…テンション高めの女子割合が多すぎる中での清涼剤。しかしうさぎ化の術使うのムリwやっぱこの世界はファンタジー…。
・ナイアが思ったよりキャピキャピしてた…姉キャラ的にはエリカの方が強そう。あとユーズに矢印
・シアはもうパティにしか聞こえなかった…すまぬ…。
・孔雀の渋メンボイスめっちゃ好き。もっと喋って欲しかった。
・ケイナが まさかの お坊ちゃん系敬語キャラ 。一番驚いた。かわいい。

vol.1の付属本の設定が色々凄かった。恋愛矢印の方向ゥ!!!
vol.2は付属本が無かったので残念。
先読みしたvol.3の本にハートフルボッコ展開の内容が書いてあったけど…この展開…本当に頭おかしい…(ほめてない)
ダルマ的に、所詮一緒につるむ程度では「何か理由があったんだ」という思考には至らなかったのね。悲C。


以上、昔の拒否感出てた頃には絶対聞けない内容だと再認識。
最初と最後に流れる歌がクオリティ高くて良曲でした。

しかしvol.3で鬱展開入るのか〜。何となく4だと思ってた…。
vol.5の人物相関図がそれまでとは一転、異様さを放ってるし。

先を聞くのがこわい。
| 21:40 | ゲームいろいろ | comments(0) | -
コードギアス復活のルルーシュを観てきたよ
初日に観てきました。
まだ1回しか見てないのでうろ覚えだけど思ったところだけを勢いで書き留めておく。
ただのネタ帳。

前提として。読み手としてはスザルルの民だけど脳内ではスザクとルルーシュの間にはBL成分は無いです。



スザクとか。

映画時間だと19歳?20歳??年齢に萌えてしまう…。

冒頭、スザクでも負ける事があるのか!!!っていう衝撃からの、次にはあっさり生き返ったルルーシュとの再会で衝撃を受けた。もっとドラマチックに持ってくのかと思いきや、サッパリとした再会でしたね。
拷問で意識朦朧としていた所からの旧覚醒、「また嘘を吐いたな!」って激昂してルルーシュをフルボッコ。ここでスザクの暴力を素直に受けるルルーシュは切ない。
こいつら本当に拗らせてるよ…てかここはスザクは悪くないしルルーシュも悪くない…いやそれよりもスザクの様子を見に行っちゃうルルーシュさあ〜〜〜〜もーーー自分を殺す事をスザクに課したのに!起きるとは思わなかったのかな????あのシーンでスザクに会いに行こうとした時のルルーシュの心境を想像するとニヤけるしかない。

再会フルボッコのシーンで、スザクが「孤独だった」と自分の気持ちを吐露しちゃうわけだけど…これ絶対ルルーシュだけにしか言えない台詞だし、孤独だと感じていてもスザクの意識の表層には出てきてなかったんじゃ無いかって思うんですよね!!!ルルーシュに甘えてるんだよ…スザクの本音を引き出せるのはルルーシュしかいないんだ…。尊さの極み。

で、ヒロインを差し置いて「二人きりで会おう」合図に応じるスザク…ここの二人の意思疎通っぷりは若干笑えるほどに凄かった。あの会話をC.C.とカレンに聞かせちゃうのもスゴイ。いや普通C.C.と会話じゃない…ルルーシュ的には…???
しかし残念な事にこのあたりのシーンがうろ覚えすぎるので!もう一回見に行って確認しなきゃ。

ルルーシュとの別れの時。
鑑賞後は一人でゼロを続けていかなければならないスザクが可哀想すぎてたまらなかったんだけど、自罰的すぎるスザクとしては、罰がもう一つ積み上がったという事で、ルルーシュが生きて世界に存在する事に対しての強い恨み辛みは無いんだろうな、という結論に至った。それどころか孤独の一部が癒されちゃったんじゃないの…?だってどこかでルルーシュが生きてるんだよ。
ああ、でも生きてるんじゃスザクの中で思い出になれないじゃん…いつまでもしんどい。

ルルーシュはもうゼロをやらない、と分かっていた上での「ゼロをやらないのか?」とルルーシュに聞いたんdなろうと思ってる(ちょっとこのあたりウロ覚えなので要確認)。
それに、ルルーシュがゼロに戻った場合のスザクはどうするんだろう?なんか死にそうな感じしかしない。



ルルーシュとか。

結局、身体が不老不死になってたって事?????
そもそもCの世界って何なんですかね…??死の世界とかって当て字を昔の考察で見た気がするけど何だっけ。
あとコードの痣の位置が移動してない????

とまあ疑問が尽きないけど、反逆成分が抜けたルルーシュはナチュラルな感じでしたね(良さげな表現が思いつかない。)それに冒頭の要介護なルルーシュは痛々しかったけど、そのシーンはルルーシュよりもC.C.の献身っぷりの方が衝撃的でね。

シャムナのギアスに翻弄されて心がほぼ折れたもののC.C.に発破を掛けられて意気を戻す流れ、私は特に何も引っかかりを覚えなかったです。シャムナのギアスは反則級だし。あれどうやって勝つんだよ…と絶望的な気分になりながら見てたせいもあるかも。ルルーシュが絶望しちゃうのもしゃーない、的な納得感しかなかった。
ひとつ残念だったのは、どうやってシャムナのギアスを見破ったの描写が短かった事かな…劇中出てきたのは結果だけで、私の頭では理解が追いつかなかった。

ルルーシュが復活して、恒例の「死ね!」をやった時、ロイド達が目をつぶったのが好き。ルルーシュを判ってる人達だという事が分かる描写で。ロイドが「皇帝陛下」って呼んじゃうのもツボかった。

生き返ったルルーシュはもう、ルルーシュでは無いんだな〜って復活してからずっと感じてた。
浮世離れというか、世界や自分に執着がない雰囲気。どうなんだろそこらへん。C.C.から自分に対する想いを汲み取って、そういう意味では自分を大事にしそう。

ラスト「L.L.はどうかな」と言ったルルーシュの世界にはC.C.しか居ないような、すごく寂しい気持ち。もう、人の世界に自分は必要ないと身を引いた、あのわちゃわちゃしたメンバーから完全に去ったシーンだよね。
今後、映画の時間軸より後のコードギアス作品では中心人物としては出てこないんだろうな…。寂しい。
いっそ死んだままの思い出のままの方が良かったのでは?
……これ、もしかしてスザクが抱いている感情じゃない????(エモい)



C.C.や他キャラとか。
ルルーシュを甲斐甲斐しく介護&世話するC.C.にはびっくりしたよね。でも別人とも思えないのは、本編でもちょいちょい優しい所を見せてたからだよな。それに元々のギアスが「自分が愛されるギアス」だし。
最後、ルルーシュが追ってきた時のシーンは「C.C.良かったね!!!」って祝福する気持ちになったよ。
こんなに献身的になる程にルルーシュを大切な存在と見ていたとなると、逆算して本編を見ると萌えポイントがかなり多い気はする。依存するだけのマオじゃ到底ダメだったね…ともふと思ったり。

ただ、C.C.をはじめギアスの深いところの設定がふんわりしすぎてて、そこがモヤるポイントかな。アキトでもギアスについて思わせぶりな設定が出てきた気がするけどハッキリしなかったし(アキト最終章は内容が合わなすぎて記憶が曖昧)。
Cの世界って何なんだ!!!何回でも言うわ。

そういう意味ではシャムナも何やってたん?????という疑問しか無かった。
Cの世界で何をしようとしてたんだろ…もう1回見れば把握できるかな。
ただ、シャムナのギアスも相当酷で、よく心が折れなかったな、と。
冒頭のスザク戦でさえ、弟が敗北する様を何度見たんだろうね…失敗を繰り返す辛さを乗り越えた上でも狂ってない、捨て身になってない事が凄い。彼女の物語も考えると重い。

カレンも健気なのにね…スザクとルルーシュ、ルルーシュとC.C.の間には入れない…。
良い相手が見つかると良いね、カレン………ジノが居たっけ。ライでもいい。

シャーリーの生存については、あの時のルルーシュの慟哭が無しになるのが勿体無いとは思ったぐらいかな…いやデカい要素だけど。そこまで引っかかってはないのは事実。復活では大した役割も無かったので今後、重要な役で出てくるのかと邪推を多少しなくもない。



ロスカラ絡みは畳み。集中力が切れたので量は無い。
続きを読む >>
| 23:55 | コードギアス | - | -
劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel]みたよ
1年以上前の士郎と桜の出会いの話!!!!
桜の目がまだ死んでる時、そして士郎も大河より背が小さい…!
新しい描かれ方で非常に興味深かったし嬉しかった。ニヤニヤしながら見てた。
士郎の弓道部員として弓を持ってたシーンが冒頭いきなり来て心臓止まるかと思うぐらいヤバかった。萌えた。ドツボすぎて汗が出た。

今回の本編を通してすっごい良いなあと感じたのが慎二。
中学時代は士郎と友達やってたんだ〜!!っていうかわいさと、士郎が怪我して大会出られないという時のやりとりから桜を手伝いとして送り出したのかな〜と思うと友達思いの極みじゃん!!って萌えるし、本編中の士郎が好きすぎて通り越して憎しみ募っちゃった感じの態度がいじましい。慎二があそこまでこじらせたのって士郎のせいもあるよね。うん。士郎無自覚だけど。タラシだし仕方ないw
慎二が魔術の勉強しているシーンがすごく真面目で、もう慎二のギャップ萌え的ゲージが限界突破してるよ!!!!っていうなんかもうほんとたまらん…(語彙力ない。
彼の表情豊かなアニメの描写も相まって、ゲーム以上に愛嬌が感じられました。
でもHFだと死ぬんだよね…残念…。

冒頭の共通ルートすっ飛ばしなGJでした。代わりに何度見ても凄いと思うセイバーvsバーサーカーの初戦。セイバーを助けようとしてぶった切られて転がった士郎のシーン、腸が飛び出してて苦笑…すげえな表現。あそこのイリヤも可愛かった。イリヤの活躍は次かな。楽しみ。

ufoが描くマフラー士郎の可愛さが極まっている。この服は何度見ても可愛い。好き。
最初は凛に好意を見せてたのに、凛との会話で桜が大切なんだと気付いていく過程が丁寧に描かれていて良かったな〜。これから桜と一緒に壊れていくのかと思うとたまらん。
…しかしHF映画を見てエロゲ主人公という事を思い出しました。5巻ラストめっちゃエロい。あそこエロシーンだったんだ…SNのPC版はやってないから知らなかった…。

桜めっっっっっっっちゃかわいいよ!!!!!!!
あーほんと桜の想いが報われるルートだから見ていてほっこり…しないな、まだ彼女は地獄の状況…。あの例のアレのシーンはゲームの方が不気味だったかな?あそこで死んだキャスター出てくるのってアニオリだっけ?
柳洞寺でぽつんと士郎の前に現れた時は可愛かった。
ただ、2月なのにその格好(腕が出ているワンピース)で寒くない?っていう突っ込みだけはしていいよね…土蔵で士郎と喋るシーン…。
桜が主役としての本領発揮は次以降、今回は溜めに溜めてた感じ。次本当に楽しみ。
慎二が衛宮邸の玄関先で桜を打った時の、士郎と慎二と桜のシーンは緊迫感あったし色々詰まっててイイね!桜をダシに煽りに煽ってようやくキレた士郎を見て、満足げになった慎二がたまらん。

セイバーが泥に取り込まれた後、オルタがあの格好で出てきたのはそうきたかって感じ。
凛は最後のシーンで桜の身に何があったかを知る所が好きというか、やっとわかってくれたか!みたいな桜視点での嬉しさがあった。
アーチャーはお前居たんだ!みたいな…しかし画面映えがする男だ。私怨してる場合じゃないと頼りになるよね。クラロイだとカバやってるなんて信じられないイケメン。
ランサーは走り方がめっちゃリアルで笑ってしまった…はやい。ゲイボルグを呼び出す所が特に格好良かったな〜。
ハサン、アサシンから生まれた時はカタコトだったのは原作未読だと意味不明なのでは…。しかしランサーの心臓食ってから本領発揮、シャイタンの腕のシーン格好良かった。
あとは言峰!!!!麻婆のシーンってこんな序盤だったんだ!!!!!言峰も味方につくと頼もしい。洗礼詠唱めっちゃ楽しみにしてます。

ここ最近のFGOが不満募りすぎて、Fate本編見るとやっぱり私はFate好きだな〜と思い直す訳で…。FGOで貢いだのが好きな作品の糧となってるなら貢ぐのも有りかなあ…的な気持ちになれました。
ただ、パールヴァティだけは許さん。それと映画特典の礼装の説明もさ…全然桜と関係ないんだよね…もうちょっと凝ってくれよ…。
ライブビューイングの司会のひとが「マスターのみなさん」とか言ったのがFGOだなあ…とか思ったりなんだったり。いや別にいいんだけど。fateだし。過激派に足突っ込んでるな…1部の時は不満がほとんどなかったんだ…。1.5章の剣豪本当に頼むぜ。剣豪のシナリオや士郎のデミ鯖ひどいの来たらガチで過激派どころか以下略。あんまり言うと本当にそうなった時にアレだしな…まあうん、適当に。



以上、印象が強く残っている所を勢いで書き出し。ラストはfgoの愚痴でした!!!!!!
映画部分の本編読み直して2回目見たい勢い。満足度300%だよ…暇な時間ゼロというレベルで素晴らしかった。
公開初日の舞台挨拶ライビュ(昼)でみたけど、パンフレットは豪華版は既に売り切れ、通常版は見た後に買おうと思ったら売り切れてしまった…しくじった気分。まあ、今週は毎週映画館に行くことになる(来週はギアス・もしくはHF2回目、その次はA3ファンミのライビュ)ので機会があれば買おうかな程度で…。

何度も言うけど、イリヤがキリツグの娘っていうネタバレされてる人はかわいそうだなって思います。本当に。HFルートプレイ中にこれに気づいた時の滾りようは今でも忘れられない。
| 20:01 | Fate | comments(0) | -
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Categories

Recent Entries

Archives

Profile

Bookmarks